記事一覧

イングリッシュ サドル クリップ

DSCF0015.jpg


一昨日私の職場で仕上げられたプードル2頭です
カラープードルでテディーベアなるスタイルが流行してから
しばらく経ちますが
私の職場はペット対応ですから、
サドルやコンチネンタル・クリップをご要望のお客様は
まったくいらっしゃいません
この2頭は飼い主は別で
2人ともトリミングを練習するために飼っています
練習するためとは言っても
家族の一員として大切に飼っているのは当然です
請け負う側もこれらのスタイルは美容時間がかかりますので
1回の美容料金を上げなければいけませんし
このスタイルを維持するには毛が長く、もつれるので
頻繁にシャンプーしなければなりませんから
(ブラッシングだけではダメです)
月に2度はワンちゃんをお持ち頂かなければなりません
その度に美容料金がかかるのです
ですから、上の写真は
・ショードッグではないペットプードルのショークリップ
・カラープードルばかりの昨今、毛色がプードルカラー元祖の
  ホワイトとブラック
・別々ではなく一枚の写真に収まっている 
     という、そこそこめずらしい写真です
2頭のStayにご協力いただいた お二人ありがとうございました

コンチネンタルクリップやサドルクリップでも
私のプードルのように頭や背中を短く切ってしまえば
月に一回くらいの美容頻度で楽しむこともできます
脚やしっぽや腰部に沢山ボールがひっついたようなスタイルです
一般のドッグサロンでは、やはり短くカットして
顔や足にバリカンをかけないスタイルより
料金が高くなると思いますが…
まずは上の写真のサドルクリップで
頭と背中を短くカットしたスタイルを飽きるまで楽しんでください
この期間は2年とか3年とか持ちこたえられるといいです
そしてその後は初夏にコンチネンタルクリップの
頭と背中が短いスタイルです。
(わからない方はネット検索してみてください)
目立ちます!
このスタイルを楽しめる期間は結構短いです
たくさん記念写真を撮りましょう

寒くなってきたら後ろ足の毛は伸ばしてください



そして年老いてきたらテディーベアです。遅くありません。
見た目は若返って ますます愛しくなります
これ以外にもとてもたくさんプードルは
ペットカットの種類があります
せっかくプードルを飼っているなら色々なスタイルを楽しみましょう
お洋服なんて必要ありません
また重要なのは上手なトリマーに出会うこと
プードルが大好きで
グルーミングも大得意なトリマーさんを探してください

プロフィール

Shoko Nagai Pops

Author:Shoko Nagai Pops
CFAヒマラヤン

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア