記事一覧

ゴールデン レトリーバー

0512291703.jpgウッディくんです

私の同僚がオーナーです

ウッディーくんが今のオーナーのところへやってきたのは
色々と事情があり生後7年くらい経ったここ最近です

とは思えないほど良い性格で
ウチの犬猫達にもフレンドリーで、
もちろん人間も誰でも大好きで健康です

じゃないと大型犬で7歳では里親さんを見つけるのは大変むずかしいです

人間いつ病気や事故で犬猫の面倒をみれなくなるか予想がつきません
万が一の時のために性格が良く健康に育てるのも飼い主の責任である
とウッディ君と知り合って改めて考えさせられました

ゴールデンレトリーバーといえばチワワ,ダックスの前に
日本で大流行しました

もともとはレトリーブ(運搬する)と名前が付くほどですから
銃で打ち落とした鳥を運ばせる鳥猟の付き添いをさせるために
作出されました

ラブラドールレトリーバー,フラットコーテッドレトリーバーなども同属です

健康なレトリーバーは遊び好きで
飼い主を慕い
温厚で
訓練性能が非常に高く、賢いため
人間の指示をよく理解し
ガン(銃)ドッグ〔鳥猟犬〕以外の使役でも
盲導犬に使われることは
欧米より何十年と遅れていますが日本でもすでに有名です

ということは単にコンパニオンとして飼うのにも向いています

ラブラドールレトリーバーが盲導犬で有名になった後

ロングでゴールドの見た目の美しさも目新しく
大流行しました

のちにバーニーズマウンテンドッグをはやらせようとしましたが
ゴールデンほどの人気は出ませんでしたから 
見た目が日本人好みなのでしょうね

子犬の時の見た目や動きは生まれたてからホントに可愛いです
 
もちろん小さいですから
生後45日くらいで売り出すペットショップの
ゴールデンを見たら欲しくならないわけがありません

大変、流行りました。増えました。
多くの一般の飼い主さんたちも繁殖しました。
結果、遺伝疾患を持ったゴールデンも増えました。
日本では20年ほど前から提唱されている
ゴールデンにも多い遺伝疾患、股関節形成不全(HD)が代表的です


性格も遺伝しますから
ゴールデンではそんなにいないのですが 
美容中怒って攻撃してくる個体出現しました

シーズーでもチワワでもダックスでも流行すれば 
咬み癖のある犬はもちろん比例して頭数が多くなりますが 
大型犬で咬み癖があると 
美容の時のコントロールは力仕事です
シベリアンハスキーは毛が多い上
ゴールデンより攻撃性が高かったためか
流行期間は短かったです
そして大型ですから良く食べます 
排泄物もおっきいです 
医療費は小型に比べ当然かかります 
美容料金も小型より高いです
 
そしてゴールデンの異常なブームは過ぎ去り
小さなダックスやチワワ、トイプードルの流行が来ましたが
現在もゴールデンは人気犬種です
(少なくともハスキーよりは…
ハスキーは最近ペットで見かけられなくなりましたが 
いい感じに年を重ねたハスキーちゃんたちが
今もお客様でいらっしゃいますし 
ショードッグは現役です。)

私達の美容業界にとってプードルの流行はありがたいです
(チワワやダックス、コーギーより)
でもプードル好きとしては 
今までが理想的人気でしたから
(何年も犬種12位くらいをキープしていました)
犬質が落ちないことを願います

フード業界にとってゴールデン人気終了は打撃だったでしょう。
なので今プレミアムや年齢別、犬種別など
いろんな種類のフードがどんどん出ているように思います

コメント

やっとホームページ見ました。
うちのかわいいウッディーくんを載せて下さり、ありがとうございます。
今度はかわいい服を着せるのでまた載せて下さい。
2006年01月05日 21:50

Yukiさん
いらっしゃいませ 
本名載せましたね…直させていただきました
ご了承ください
ゴールデンに服はいらないと思いまーす
ラ(裸)が好きです
 
2006年01月05日 21:58

二年ほど前にゴールデンを飼っていましたよ!
一緒に川に遊びに行って泳いだり、バーベキューしたり、花火したり・・。
人間好きなのかどんな友達とも仲良く遊べました。
とってもかわいかったのですが、2年程前の9歳になる年にガンで亡くなりました。
本当にかなしかった・・・。会社も休むほど。涙がなくなるほど泣きました。
でも今はかなしみを乗り越え、楽しかった日々を思い出し笑えます。
新しく家族になった二匹のネコと楽しく暮らしてます。
しかし先日そのうちの一匹のネコが脱走しました。
今だ帰ってきません。どうしたらいいのか・・・。
困ったもんです。
2006年01月06日 23:39

ともちゃんいらっしゃーい
書き込んでくれたのねー!うれしいです
ゴールデンレトリーバーを飼っていらしたのですね
私も飼っていた動物が亡くなってしまう経験をしたことが何度かありますから お気持ちは よくわかります
ネコちゃん1頭脱走してしまったのですか?!!
寒いですし心配ですね 
意外に家の近所でうずくまっていることもありますから
半径50mくらいの近くもよく探してみてくださいね
大きな声で呼ぶのも大事です 鳴き出したりしますから
帰ってきたら健康診断をすることをお勧めします
外では治療方法の無い伝染性の病気を拾ってしまう危険性がとても高いですから
もう一匹のネコちゃんにも移ってしまっては大変です

とはいえ第一に見つけることが先ですね
早く見つかることを祈っています
2006年01月07日 15:58

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shoko Nagai Pops

Author:Shoko Nagai Pops
CFAヒマラヤン

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア