記事一覧

サイアミーズ(シャム)オリエンタル

私の職場の同僚が最近譲り受けました
フーガちゃん 女の子 生後4ヶ月でーす
TICA(ティカ)という団体の登録猫さんですので種類はSiameseサイアミーズ(シャム)です
アメリカに本部を置き世界に支部を持つ2大猫種登録団体にCFA(シーエフエー)とTICAがあります
このフーガちゃんはCFAとTICAでは猫の種類が違うのです
もしフーガちゃんがCFAの登録であればオリエンタルという猫の種類に分類されます
TICAの毛色の名前はチョコレート・リンクス・ポイント・アンド・ホワイトです
CFAでは毛色名はチョコレート・リンクス・ポイント・バイカラーとなると思います たぶん…確認していません。スミマセン)
もっと訳が分からなく文章にしますとCFAではシャムで公認されていない白い斑点の入っていないポイントカラーはカラーポイントショートヘアーという猫の種類の名前で白い斑点が入りますとカラーポイントショートヘアーという猫種の名前で公認されている毛色からも外れます
その(シャムからもカラーポイントショートヘアーからも)外れた毛色でのオリエンタルタイプという(シャムの)体型をしている猫種はオリエンタルっていう名前の猫の種類になるのですー!!
皆様、お分かりになりますか?わかりませんよね!

そんなに万人に分かり辛く、猫の種類が違う世界2大猫種登録団体って両方とも、とても頑固で堅い信念があるのでしょう

キャットショーの世界では同じ猫を両団体に出していらっしゃる方も少なくありません(世界制覇という満足感が得られるからでしょうか)

猫を勉強し始めた時、まったくこの2団体の猫種の定義の違いが理解できなくてチンプンカンプンで統一するべき!!と思っていた頃もありましたが今では双方とも歴史が古く、双方衰退せず最早、統一は無理でしょう(^^)

でも私の仕事上では統一してくださると助かりますー
説明が短時間で済むからでえす!
シャム系統の猫は冬毛が生えません
なので暖かく毛布でくるんで湯たんぽしてるとこで、じっとくつろいでます
ペルシャは大好きですが
オリエンタルタイプも大好きです


0601191052.jpg0601191214.jpg0601191239.jpg0601191240.jpg0601191241.jpg0601191242.jpg0601191243.jpg0601191244.jpg0601191245.jpg0601191246.jpg

コメント

カラーの遺伝子は、特に目色などにも大きく作用するため、本来のその猫種にないカラーの遺伝子を入れると、スタンダードからかけはなれて行きます カラーの見た目の表現だけでは見て取れない場合、どのようなカラー遺伝子を持っているのかが重要になります それを踏まえて交配しないと雑種繁殖をしているのと同じことですので、各団体できびしい定義をもうけているわけです
純血種は、結局人為的に作られたものといっても過言ではないので、新しく作られたカラーであってもその猫種のスタンダードに近ければ遅かれ早かれ、承認されてしまうのでしょう 遺伝的に問題がなければ承認は早いと思われますが、各団体のブリードカウンシルのシステムの違いが承認を遅らせたりします 

ポイントカラーのヒマラヤンは、今日ではいろんなカラーが出てきました このバイカラーポイントのシャムの女の子のように、ホワイトパッチ(バイカラー/バン)が入ったのポイントカラーや、ハツラツ君のようにタビーのポイントカラー、この女の子はタビーも入っていますね スモークやシェーデッド(インヒビター遺伝子)のリンクスポイント ポイントカラーにあらゆるカラーが組み合わさっていろんなポイントカラーが作られています 
正しいカラーを作るには遺伝子レベルで計算された交配をしなければなりません 遺伝子のお勉強をすることは繁殖をする上で大変重要だと思います 

そう考えれば、同じカラーなのに各団体の分類が違っていても自分なりの捉え方ができると思いますし、団体が承認したカラーがすべてではないといえます ただし、承認されたカラーでないとショーには出せない場合もありますので注意してください

長かったかな、、(^^;)

at 2006年01月24日 03:22

しかし、この子かわいいね 目色もすばらしいし うちにいると眺めてるだけで楽しそう
at 2006年01月24日 03:33

Marinさん フーガちゃんはペットで出されました
繁殖はせずスペイしちゃいます
フーガちゃんはリンクスなのでポイントがシールのように濃いです
ダイリュートでもリンクスだとマーキングが濃いということが
よくわかる写真を載せさせていただきました

このフーガちゃんと一緒に大人のチョコレート(リンクスだったかしら?)ポイント バイカラーの男の子のシャムも譲ってもらったのですよ
これも去勢されました

それがまた可愛いのです
鼻先にポンっとチョコのパッチが入っているのです
ポイントカラーがパッチのようにはいっているのですよ
また写真撮らせてもらって載せさせてもらう予定ですお楽しみにー

Posted by Live at 2006年01月24日 23:15

そうそ リンクス(タビー)だとマーキングが濃い リンクスか否かの重要な判断材料になるんだよね ダイリュートのリンクスポイントは子猫の時は耳や尾のマーキングが濃いのに顔がまだらに白っぽい感じの印象が独特かもしれないね 間が抜けた感じが、かわいいんだよね

フーガちゃん、見とれるくらいきれいなお目目ですね オリエンタル系のしなやかなボディてあこがれるわぁ バイカラーのリンクスはうまくパッチが入れば見た目かわいいよ シールポイントなどはパンダみたくみえるから チョコのバイカラーポイントの子、見てみたいなぁ 

at 2006年01月25日 04:00

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shoko Nagai Pops

Author:Shoko Nagai Pops
CFAヒマラヤン

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア