FC2ブログ

    記事一覧

    Crufts 2006 At the NEC, Birmingham,UK 9-12March Part 4

    クラフト2006 その4
    Friday 3/10 2006

    Show catalog was 6pound.
    一般向けショーカタログは6ポンドでした。
    1ポンドは現在約207円
    エントリー(出陳)犬のカタログは1日に1冊
    計4冊発売されます
    この価格は不明
    102.jpg

    電車の駅、空港連絡通路前のショー会場出入り口
    103.jpg
    各5ホールに出入り口があります
    NEC(ナショナルエキシビジョンセンター)は東京ビッグサイトのような展示場で、その5ホール(全部なのかな?)を使って行われています とても広いです

    10日金曜日はTerrierHound (テリアグループとハウンドグループ)の審査でした

    Kerry Blue Terrier
    ケリー・ブルー・テリア
    アイルランド、ケリー州の青いテリア
    104.jpg105.jpg
    軟巻毛、長脚、青銀色の日本では珍しいテリアです
    私の職場にはもう10年以上前に1頭だけお客さんがいましたが 今は1頭もお客さんはいません
    そのお客様のケリーブルーの名前はジャッキー君でした 
    こんなにシルバーな毛色ではなかったですが人間が大好きでいつも大喜びで、口ひげが唾液でビショビショに濡れてました(^^) 
    この写真を撮らせてもらう時は、お忙しいのに声を掛けてしまって 返事も無く、ハサミの手を止めませんでした ダメとも言われませんでしたので撮影しました
    ほとんどのハンドラーさんはお願いしなくても(撮る気は無く、見てただけでも)「写真撮るの?いいよ、どうぞどうぞ」とステイ(ショーポーズ)や可愛いポーズを指先を動かして取らせてくださいます 
    ほとんどのハンドラーさんが所有者で家族同然なのです 
    ヨーロッパのドッグハンドラーさんは日本のドッグショーのハンドラーよりキャットショーの出陳者に似ているかもしれません 

    今回のクラフトでも私がオーナーがそばにいるキングチャールズスパニエルの入ったケージを覗き込んだ時に吠えられてしまって、オーナーさん(お年を召した女性)が「オー、この子はこんな風じゃないのよー、フレンドリーなのよー」とケージから犬を出して触らせてくれたり、パドッグの中でオーナーと大型犬がひっついてお昼寝していたりと、ヨーロッパの温かいドッグショーの雰囲気が4日間で、ものすごい頭数の中、一挙に味わえました 

    Fox Terrier(Wire)
    ワイアー・フォックス・テリア
    106.jpg

    断尾してません
    107.jpg
    断尾してない犬は、たーくさん!いました

    Parson Russell Terrier
    パーソン・ラッセル・テリア
    108.jpg
    KC(ザ・ケネル・クラブ。クラフツを開催しているクラブ)では ジャック・ラッセル・テリア(明確な違いは体高。ジャックは四肢が短い)は公認していませんから クラフトには、いません
    でもジャックも普通に飼育されているようですし ブリーダーもいるのだと思います
    クラフトでジャックのグッズもたくさん売っています
    そしてAKC(アメリカン・ケネル・クラブ。ウェストミンスター・ドッグ・ショーを開催するクラブ)もジャックを2003年にジャック・ラッセル・テリアからパーソン・ラッセル・テリアに改名しました
    パーソン ラッセル(ラッセル牧師)〔=ジャック(ラッセル牧師のファーストネームの略称)・ラッセル〕さんが何十年も作っていた犬は自分が求める獣猟をする犬でしたが 脚が短いことは、その求める特徴ではないと判断されるからだそうです
    JKCはパーソン、ジャック両方とも現在、公認しています

    Skye Terrier スカイ・テリア
    イギリス・スコットランド・スカイ島原産
    110.jpg111.jpg109.jpg
    日本で珍しいテリア 
    黒くてよくわかりませんが肢が短く長毛で写真ですと小さく見えるかもしれませんが、10kgくらいになる品種で実物はかなり大きいです 
    頭部の毛は顔面にバサッとかぶっていて お目々が見えません

    Staffordshire Bull Terrier
    スタッフォードシャー・ブル・テリア
    112.jpg113.jpg
    イギリス・スタッフォードシャーが品種名の由来 
    とても人気がありクラフツにもたくさんエントリーされていました 
    ブルドッグとテリア種により作られました 
    ブルテリアももちろん同系統です(スタッフォードシャーブルテリアから作出)。
    パドックを見て回りましたが みんな人が大好きでジーっとうれしそうにアイコンタクトをとって来ます 
    ハンドラーと通路を歩いているコなども 皆、私の目を見てきて 軽く声を掛けると 皆飛びついて「遊んでー!」とやってくるのです 
    とても可愛いです。
    でも1830年代まで娯楽で行われていた バイティング(牛や熊と喧嘩させる)に使うために作られた犬種ですから 今まで人とワーイと遊んでいたかと思うと傍を通った犬にパクッ(ホントには咬んでませんでしたヨ)なんていう光景も見られ この品種の特徴を1日にして見てしまいました

    ブラック
    114.jpg
    ペロッとしてるところを激写してました

    Border Terrier
    ボーダー・テリア
    116.jpg117.jpg
    イギリス・ボーダー゙原産
    これまた日本では考えられないほどの人気、頭数のボーダーテリアです
    粗野な風貌に見えるかもしれませんが 吻は短く丸顔で性格も可愛いです

    プロフィール

    Shoko Nagai Pops

    Author:Shoko Nagai Pops
    名古屋市名駅南犬猫美容室 POPS

    CFAヒマラヤン

    ブログ内検索

    フリーエリア

    フリーエリア