記事一覧

Crufts 2006 At the NEC, Birmingham,UK 9-12March Part6

クラフト2006 その6

Lowchen ローシェン
182.jpg183.jpg184.jpg
名の意は小さいライオン
その独特のトリミングスタイルはライオンカットといって、この種伝統のスタイルです
原産地はJKCではフランスと表記していますが ドイツも原産国であると主張しているみたいです 
原産がヨーロッパであることまでは確実でイギリスでは最もと言って良いほど繁殖が盛んに行われていたそうです 
今回のクラフトでも日本で考えられないほどズラーと並んだローシェンを見れました
犬種グループはコンパニオン・ドッグ トイ・ドッグ(中でもビション族)に属し、初めてじっくりお顔を見れましたが、とても可愛い愛玩犬らしいお顔をしていました

King Charles Spaniel キング・チャールズ・スパニエル
185.jpg
可愛いお洋服を着ていました
でもこのお洋服はキャバリアの方が似合いそうだな(^^)

Brussels Griffon(Petit Brabancon)
ブリュッセル・グリフォン(プチ・ブラバンソン)
188.jpg

プチ・ブラバンソン
186.jpg

なぜか他の犬の審査中は、みんな抱っこされているブリュッセル・グリフォン達
189.jpg
この2種は同一犬種として審査されます
他にブリュッセル・グリフォンのように毛が長くて毛色が黒いものをベルジアン・グリフォンという犬種で分けている国もあります
ベルギーのグリフォンはパグの血が濃く入っているそうで 短毛ですと、ますますパグに似ています
私が中学生のころ友達が私に「親戚がパグを飼っている」というので 「嘘ー!見たい!」と言って見に行った先の犬にそっっっくり!!です 
日本犬とパグの混血だったのだと思い返されます…

Maitese マルチーズ
187.jpg
イギリスでは700年くらい歴史があります

Keeshond  キースホンド
192keeshond.jpg
オランダの国犬
この種も過去、私の職場に来ていたことがありました
グルーミングは大変です

Lancashire Heeler  ランカシャー・ヒーラー
190.jpg191.jpg
イギリス産
クラフトでしか実物を見たことはありません テリア(マンチェスターらしい)とコーギーから作られたそうです ですから短肢です 
この2枚の写真は別の個体ですが一緒に飼われているようでした
1頭はかっこいい衣装を身に着けていました

Canaan Dogカナン・ドッグ
193.jpg
まじまじと間近で見たことがありませんでした 
日本でもし販売されていたら人気が出るのでしょうか(^^)
飼育して初めて良さが分かる品種だそうです。イスラエル産

(Chinese) Shar-Pei シャー・ペイ
194.jpg
何度見ても おもしろい犬です
ソウルのペットショップストリート内の店でコレの仔犬がガシャガシャ走り回っているところに出くわし、遊ばせてもらったことがあるのですが 仔犬がまた、ひょうきんでおもしろかったです 
もともと闘犬でしたから 飼育は初心者に難しいかもしれません 
頭と背、肩がシワシワが理想です
舌がブルーブラックなところはチャウチャウと共通しルーツも同じではないかと言われます

Boston Terrier ボストン・テリア

195.jpg

プロフィール

Shoko Nagai Pops

Author:Shoko Nagai Pops
CFAヒマラヤン

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア