記事一覧

Crufts 2006 At the NEC, Birmingham,UK 9-12March Part7

クラフト2006 その7 
写真をクリックすると拡大します

Sunday 3/12 2006
2006年3月12日 日曜日

いよいよ最終日 行きのバスにてかっこいい姉妹に会いました
右の日本人は私ではありません!
196.jpg197.jpg

Golden Retriever  ゴールデン レトリーバー
198.jpg
私としては、この素朴で柔らかい印象の本場タイプの方が好きです

日本でレアなブリード達 公開!!

Curly Coated Retriever
カーリー コーテッド レトリーバー
20070329003535.jpg
毛はクルックルです イギリス作
いっぱい触らせてもらいましたー 手触りは堅めで湿った感じのグルグルです 頭のてっぺんもグルグルです

Chesapeake Bay Retriever
チェサピーク ベイ レトリーバー
20070329003542.jpg
USAメリーランド州チェサピーク湾港周辺作
この種もカーリーコートです

Nova Scotia Duck Tolling Retriever
ノヴァ スコティア ダック トリンク ゙ レトリーヴァー
ノヴァ スコシア ダック トーリング レトリーバー(JKC)
202.jpg203.jpg
カナダ作
おととし あなた達いましたか?
私覚えがありませーん 
私としては実物は初めてでワクワクしました
アヒルをしっぽで誘き寄せるところ見てみたい!本当ですか?!

Large Munsterlander ラージ ミュンスターレンダー
205.jpg207.jpg
ドイツ作のポインター 
いっぱいいます!!
おととしもその出陳数の多さにびっくりしましたが 今年もいっぱいいました

Field Spaniel フィールド スパニエル
210field.jpg
スプリンガーと同属の元祖大きめの陸上猟用スパニエル(スペインが起源の狩猟犬)
スプリンガーより肢が短め サセックススパニエルはこれよりもっと短い。小さめがコッカースパニエルに分類される。イギリス産

Clumber Spaniel  クランバー スパニエル
215.jpg212.jpg214.jpg
私が初めてクラフトに行った時ベストインショーに輝いた思い出深い犬種
帰国後しばらくして田原俊彦さんが、この種とお薬のCMに出演していたのは クラフトで1位になったからです
でも日本で流行犬種にはならなかったです…
パドックを全部見て歩きましたが、かなりの頭数がいました。
すべてが「知らない人は信用しません!」タイプでした(^^)
触らせてくれるコは1頭もいなかったです!
1枚目の2頭も、こっちを見ていますが、うなってます(^^)
そんな風に言うと怖そうに思われるでしょうが 飼い主には愛情深く攻撃性は全く無い種とされています。
飼い主さんはそんな高貴な性格も魅力なのでしょうね
肢が短いので小さく見えますが 頭はセントバーナードのように大きく、体重は30キロを超える犬です 作出はイギリスとされていますが フランス作のスパニエルも関わっているかもしれないと言われています

Welsh Springer Spaniel
ウェルシュ スプリンガー スパニエル
216.jpg218.jpg
イングリッシュ スプリンガー スパニエルは日本で多く見られますが こちらは日本で珍しいスプリンガーS.です
手入れはイングリッシュより簡単そうなのですけどね

Hungerian Vizsla ハンガリアン ビズラ
別名ハンガリアン ポインター
ハンガリーのガン ドッグ、ポインターです
222.jpg
ショートヘアードはFCI JKCでも公認されていますが このズラーと並んで記念写真を撮っていた犬達はみんなワイヤーヘアードだったと思います
記念撮影してるカメラの後ろにはそれぞれのビズラのオーナーさん達もズラーと横並びで ウェイトのコマンドサインを出してました

Weimaraner ワイマラナー
225.jpg224.jpg
ドイツのポインター ジャーマンポインターとは区別し改良されていました。
ワイマール王朝が名の由来で宮廷で飼育され、繁殖支援もしていました。グレーのカラーが美しいです 
ロングヘアードも認められています。

German Shorthaired Pointer ジャーマン ショートヘアード ポインター
226.jpg227.jpg228.jpg229.jpg231.jpg
ブラウン斑の面積が広いものが多かったです
エントリーは多いのですが大体2頭以上一緒にいてひっついてました

English Pointer  イングリッシュ ポインター
232.jpg233.jpg235.jpg
イングランドのポインター
ジャーマンの方が多かったような気がします
現在はショードッグとしてより実用犬としての方が多く活躍しているそうです 生ポインティングポーズ見てみたいです

IRISH RED AND WHITE SETTER
アイリッシュ レッド アンド ホワイト セター
239.jpg240.jpg237.jpg236.jpg
アイルランドの赤白色のセター たくさんいました!
マホガニーレッド単色のアイリッシュセターは、このバイカラーから選択交配で作られましたが単色の方が人気が出て、絶滅したと思われていたこともあったそうですが現在は復活しています 近年JKCでも公認されました

Irish Setter
こちらが単色のアイリッシュ セター

242.jpg←このコは人懐こかったです撫でてーっとゴロゴロ転がってアピールしてきました。可愛いので なかなか立ち去れませんでした
243.jpg

English Stter イングリッシュ セター
244.jpg
最近ますます私は日本で見ませんが この前 札幌に行った時タクシーの中から2頭連れている人を発見しました きれいでした。ベルトン(マダラの毛色)が美しい元祖セター 生セッティングが見てみたい(^^)

Labrador Retriever ラブラドール レトリーバー
世界中の人気者 名前はカナダのラブラドル半島にちなみますが イギリスから船で渡った犬がルーツだと言われます
言わずと知れた日本の盲導犬種 コンパニオンにも大変向きます
 
ショップでランニングさせられていたラブさん
245.jpg246.jpg

このコを見つけたので走って行って 触らせてもらいましたー
右の写真はカメラを構えてしゃがんだらワーイ こんにちはー と近寄って来た瞬間です
グレイハウンド のパピー
247.jpg248.jpg

コメント

はじめまして。
ハンガリアンプーリーで検索したらこのブログが見つかって、どんなんかなぁと思って見てたら色んな犬と凄い数の写真で見入ってしまいました。
初めて見るのも結構多くてへぇ~と思いながら見てました。
うちには黒のプーリーがおるんですけど、良かったら覗きにでも来てください。

2006年04月27日 20:42

Usukeさん いらっしゃいませ!!
コメントありがとうございます
世界の犬種ってとても多いですよね
クラフトに行くとかなりの種類を見れます
プーリーを飼っていらっしゃるとは マニアック(^^)
お手入れ大変でしょう 
クラフトでも撤収時のプーリーのブリーダーさんと お話して
どうやって コートを作るのか私達は飼ってもいないのに
丁寧におしえてくださいました

私は以前 手で編むと聞いていたのですが 違うのですね
あまり洗わないようでしたが 洗わないとブラックが赤みを帯びそうですし 難しそう…

そのブリーダーさんは2頭ブラックを連れていらっしゃいましたが
とても性格が良いかわいいプーリーさん達でした

Usukeさんのページ是非 拝見させていただきます
2006年04月28日 19:34

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shoko Nagai Pops

Author:Shoko Nagai Pops
CFAヒマラヤン

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア